かるヨガBLOG

初心者でも分かりやすい健康情報をお届けします!

コラーゲンをリハビリに応用するには○○が大切

こんにちは。

かるヨガ、江口です。

 

前回はコラーゲンを人体に取り込みとどんな役割があるのかを

お伝えしました。

 

今回は、主にコラーゲンのタイプの話をしますね。

 

コラーゲンは人体のあらゆる部分にあるものでしたよね。

靭帯

皮膚

筋膜

などなどなど。

 

その中でも筋膜はリハビリに応用する上で大切です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

筋膜の定義

以下の文献より抜粋

「筋膜の解剖と病態:吉田篤史:臨床スポーツ医学:vol.35,NO.5(2018-5)」

 

筋膜とは「皮下で筋や他の内部器官を結びつけ、包み、分けている鞘やシートのような剥離可能な結合組織の集合体」と定義された。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

前にもお伝えした通り、筋膜には筋肉を包む膜であって、

筋肉自体がスジの集合体ですから、それぞれ一本一本の膜もあれば(筋内膜)

ある程度束になったものを包む膜と(筋周膜)

全部の束をまとめて、いわゆるその筋肉になるものを包む(筋外膜)

というものに分かれます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:eguchishun02:20180614015711j:plain

http://www.triggerpoint.jp/about/index2.phpより引用

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

実は!

筋内膜と筋周膜ではタイプが異なります。

 

タイプが異なるってどういうこと!?って感じですね。

 

コラーゲンには様々なタイプがあるのです。

これは知らない人が多いのではないでしょうか。

ちなみに、私は知りませんでした。

 

では、どのような タイプがあるのでしょうか?

ヒモ状:代表的ならせん構造の物(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅴ型)

膜状:みかんの入れ物のネットのような網構造の物(Ⅳ型)

くっつけ役:皮膚の層をそれぞれくっつけとく物(Ⅶ型)

などなどがあります。

 

なんと、今発見されているのだけで、28種類ものタイプが見つかっています。

くっつき方が違うだけで、共通な特徴としては・・・。

 

・3本のらせん構造(鎖構造)をとること

・細胞内でなく、表面に存在すること

 

の2つである。28種類、全ての機能が分かったわけでなく、研究が進められているのだそうです。

 

じゃあ、どう考えたらいいのか??

 

ご安心ください。

人の身体の90%以上はⅠ~Ⅳ型コラーゲンで占めてあるようです。

 

その中でも、膜構造のⅣ型は、腎臓の血液ろ過するシートとしても働いているようです。

リハビリ応用ではⅠ~Ⅲ型のコラーゲンをイメージすれば問題ないのではと、個人的に考えております。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:eguchishun02:20180614020339g:plain

http://ebn.arkray.co.jp/disciplines/collagen/anti-aging-01/より引用

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

筋周膜

・筋線維の束を包む

・束同志や、筋肉自体を包む筋外膜ともしっかりとくっつく

・しっかりとくっつく=力の伝達

・筋肉が大きく伸ばされた時に張力が伝達される

・遠心性収縮(筋肉が引き伸ばされながらも縮もうとすること)時に働く

 

筋内膜

・筋線維を包む

・それぞれの線維を滑走させる役割(力の伝達には働かない)

・Ⅰ型コラーゲンはほとんどなく、Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ型がほとんど。

・Ⅳ型もあることで、様々な形に変形できる。

・筋と血管間での代謝交換も調整してくれている。

 

主に上記の違いがあります。

 

つまりですよ。

コラーゲンがなければ、

筋肉の力が伝達しない!(筋周膜)

筋肉が伸び縮みしない!(筋内膜)

筋肉に栄養がいかない!(筋内膜)

ということになります。

 

どうですか?

コラーゲン大切ですよね?

 

リハビリを受けている方も、

リハビリを施術している方も、

 

コラーゲンをリハビリに応用するにはタイプの知識が大切です。 

 

じゃあ、コラーゲンのタイプの知識を使って、

コラーゲンが機能しなくなっているときと、

コラーゲンの機能を改善させるとき、

が、分かれば、健康に役立つと思いませんか?

 

コラーゲンの機能を知るには、コラーゲンをなくしてみたらいい。

次回は、コラーゲンが溶ける方法をお伝えしたいと思います。

 

さいごまでお読みいただきありがとうございました。

 

コラーゲンをリハビリに応用させるには・・・。

 

コラーゲンを健康体操やリハビリに落とし込むために知らなければならないこと

こんにちは。

かるヨガ、江口です。

 

今回はコラーゲンの知識を活かして健康へと結びつけるためのお話です。

 

みなさんはコラーゲンを使おうとした時、何をされますか?

 

サプリメントを使う!

 f:id:eguchishun02:20180524051141j:plain

 

そのくらいしか思い浮かびませんよね。

本当は体操方法にもコラーゲンのイメージや知識が活かされるのですが。

 

今回はサプリメントの話で。

 

経口摂取でのコラーゲン。

今はまだどのくらいの量を得れば、どのくらいの効果が出るかは分かっていないようですが、コラーゲンペプチドを経口でも経皮でも、摂取すると、何かしら身体の中で良いことをしてくれている!というのは分かっているみたいです。

 

関節の痛みを和らげて、日々の立ち座りをスムーズにしてトイレに行きたい。

 

草刈りしても痛くない膝が欲しい。

 

旅行に行ってストレスなく歩き続けられる身体が欲しい。

 

コラーゲンは何らかの作用(具体的には下記参照)をしてくれるみたいなので、希望へは近づけると思います。

 

ただ、そのコストパフォーマンスやどのくらいの効果は分からないということを知った上で、ぜひ使ってみてください。

 

おススメです!

 

私の両親も「最近、調子良いんだよー」なんて言っていました。

 

私としてはコラーゲンの保湿液を使ってみました。

以前からガサガサするし、ハンドクリームを塗って1時間後にはかさつきが戻るといった始末の悪い手でした。

 

手の甲に1日一回塗り込んでいたら、娘の友達に、「男の人なのに手がきれい。うちのパパとは大違い。」と言われました。

 

職業柄、手がきれいにみえてもらった方が施術がしやすいですし、効果も上がるので、嬉しい効果でした!

 

今回はコラーゲン摂取の良いところをお伝えして、本題の健康体操に落とし込むところまでは話ができませんでした。

 

次回こそは健康体操に落とし込むための知識お伝えしますね。

 

まずはそのタイトルまでに。

 

それぞれ、一つ一つお伝えしていきます。

お楽しみに。

 

 

  • タイプがある→筋周膜、筋内膜の違い
  • 固いとはコラーゲンがどうなっているのか?
  • コラーゲンは何で解けるのか?
  • 解けたコラーゲンの驚異的な能力
  • 人体における解け作業
  • リハビリとしての解け作業、乳酸
  • ストレッチは柔らかいところのみでは?圧力vs伸張、どちらの刺激がよい?

 

 

追記

 何かしら身体の中で良いことをしてくれている!

の中身です。

 

コラーゲン摂取の効果

  • 皮膚の再生促進
  • カルシウム吸収促進
  • 腫瘍の増殖抑制
  • 睡眠の改善
  • 骨密度の改善
  • 肌の給水能力上昇
  • 毛髪の直径増加

 

 

嬉しいこと沢山ですね。

 

お試ししてみて下さい。

人生初のポスティング

今日は2時間半で300部をポスティングした!

 

全くの人生初。

 

緊張しました。

 

ポスティング自体はマナーを守れば法には触れてないことをインターネットで知りました。

マンションや許可していないポストには入れてはダメ。

 

半端に入れずにちゃんと入れること。

 

人生初のポスティングで分かったことは…。

 

臆せずやってみるべし!

ということ。

 

結局、一度のポスティングして反応なんて得られないだろう。

でも、近くの地域の人達に名刺配りみたいなもの。

そこから、新聞折込で2度目に触れてもらったり、再度、ポスティングして三度見てもらったり。

 

そこでようやくリーチできる人にはリーチできるのだろうと思う。

 

もっとマーケティングは勉強しなきゃだけど、とにかく臆せず行動あるのみ。

 

行動したら助けてくれるだれかがいるし、何かにぶつかる。

 

ぶつかったら、トライアンドエラー

 

試行錯誤を繰り返して進み続けよう。

 

今回も新聞折込はとても親切な業者さんをたまたま見つけて実現できたのは、行動を起こして、たまたま店舗を見つけたから!

 

茨城ISさま。

 

 

f:id:eguchishun02:20180510173426j:image

本当に助かりました!

おかげで、ヨガサークル参加者が0から1、反応が得られました!

 

無いものから生み出せたのはとても嬉しい!!

 

これからも頑張ります!

 

筋肉におけるコラーゲンの大切さ

 

筋肉におけるコラーゲンの大切さ

こんにちは。

かるヨガ、江口です。

 

前回は筋肉のどの部分がコラーゲンなの?ということをお伝えしました。

今回はそのコラーゲンがどう大切なのかをお伝えします。

 

コラーゲンは筋肉の膜でしたよね?

その大切さをとても分かりやすくお話してくれた先生がいらっしゃいます。

 

それは、BiNIアプローチという概念を生み出された舟波真一先生と山岸茂則先生です。

以下にホームページをリンクさせていただきました。

 

統合的運動生成概念に基づく評価と治療 - BiNI Approach 統合的運動生成概念に基づく評価と治療

 

お二人の先生の講習を聞いたのは、2014年の冬だったかと思います。

山形県理学療法士協会さまが開催して下さった運動連鎖についての講習会でした。

 

2日間の講習会だったのですが、その時は(今もですが・・・)お金もなく、

ホテル代をけちって、コインパーキングで車の中、毛布にくるまりながら

さむいさむい~、懇親会でのお酒で身体をあっためてねる~と言いながら

参加したのを覚えています。

 

その記憶以上に、お二人の先生方のお話は衝撃的でした!!

とても分かりやすく、かつ、今までのリハビリ業界にはない概念だらけ、

今までにないけれど、ちゃんと明確なロジックがあり、納得させられるものばかりでした。

 

その先生方のお話も受けながら、私自身の見解も含めつつ、筋膜の大切さは・・・。

  1. パックされていることで、形を保てる
  2. 周囲の臓器や筋肉とつながりをもてる(力が伝達する、もちろん感覚も)
  3. 水(ゲル状ぷるぷる~)を含めることで、栄養や滑りを生み出してくれる

の大きなものは3つかと思います。

 

パックされていることで、形を保てる

  BiNIの先生方のお話しが分かりやすかったのですが、

  ソーセージで例えられていました。

  皆さんはパックをむいて食べるソーセージを知っていますか?

  

引用画像

f:id:eguchishun02:20180502045639j:plain

 

このソーセージを水平にしても、形はぴんとよこのままですよね?

でも、皮(パック)をむいてしまって、水平にすると・・・

 

↷ ぴぃにょーん

 

と、下をむいてしまいますよね?

つまり、パッケージされていてコラーゲン線維たちが、筋線維の形を保ってくれているということになります。

ばらばらになって動いてしまっては、互いに擦れてストレスになったり、

身体の中で本来いるべき場所に筋肉がいなくなると、関節がまともに

動けませんよね?

 

たとえば、スープを飲もうとスプーンを口元に運ぶとします。

厳密には沢山の筋肉の協調で行われますが、ここはポパイ筋である上腕二頭筋(力こぶの筋肉ですね)のみにピックアップするとして、

上腕二頭筋は肘を曲げる筋肉ですね。

それが、グッと力を入れたとたん、ぐりーんと位置が下に行ったら・・・

えぇぇ!肘まげようとしているのに、のびちゃう!

スープを向かいの人の顔にかけちゃった!!

ってことになります。(まずあり得ませんが、たとえばの話で・・・)

ということで・・・パックされているのって大切ですよね?笑

 

 

周囲の臓器や筋肉とつながりをもてる(力が伝達する、もちろん感覚も)

今までは、神経でぴぴっとと筋肉の力が伝達される~や、血管系でホルモンを通じ、他の臓器へとメッセージが伝達される~ということはしられていました。

 

ただ、それぞれが膜でつながっているということはあまり知られていません。

そして、知っていてもどうやって日常生活の動きやリハビリに生かしていけばいいのか分からないセラピストがたくさんいます。

 

どうせ施術受けるなら、知っているセラピストへ施術されたいです。

その問題提議はのちのちに。

前回の動画でも腱(すじ)を引っ張って膜が伸びるのをみていただけたかと思います。

 

 

 もしも、特定のルートで力が伝達するとしたら・・・

(というか科学的に証明されていませんが、必ずルートは存在すると私は確信しています。)

指先を動かしただけなのに、肩の動きがとっても良くなった!

や、

足の指をほぐしただけなのに、なんで腰痛がよくなるの!?

ということが起こり得るのです。

 

この治療をすると、患者さんに不思議がられます。

なんなの!?魔法?

 

いいえ、身体の特性を利用しているだけです。

そして、この筋膜ルートを手で触知できて、評価ができたら?

かなり、治療の幅が広がると思いませんか?(治療者向けへメッセージ)

 

 

水(ゲル状ぷるぷる~)を含めることで、栄養や滑りを生み出してくれる

 

 ここで今までのコラーゲンのイメージ、ぷるぷる~が関わってくるのですね。

ぷるぷる~の正体はコラーゲン線維が保持してくれる

水と糖です。

水だけではさらさら~ですよね?

糖が適度にあって、ぷるぷる~とゲル状になります。

 

糖というのは語弊があるかもしれませんが、分かりやすく言うと、ということで。

(詳細はグリコサミノグリカンプロテオグリカンの凝集体・・・ほらね、分からない言葉はいやになるでしょ。)

 

もしも、この水が少なくて、かぴかぴだと・・・周りの筋線維(すじ同士)が滑らないですよね?

筋肉が伸びないのは、この滑りが悪いから!?

ということも起こりうるわけです。

(むしろ、ほとんどがそうだと臨床上経験します)

 

または、糖が多すぎて、どろどろだと・・・

栄養だけでなく、老廃物の排出もうながされません。。。

もしもあなたが、そこにある細胞だとすると。。。

うぅ!息ができない!

というイメージ湧きませんか?

 

糖が多すぎる状態、これも語弊があるかもしれませんが、糖尿病。

血液どろどろ・・・。

糖尿病は自覚症状がない分、本当に恐ろしい病気ですよね。

糖質過多・・・現代には無意識にいれば、絶対と言っていいほど、

糖質過多になります。

 

うちの子供たちもお菓子食べまくり・・・。

でも、ストレスたまった時の甘いものは幸せですよね。

全てはほどほどに・・・バランスが大切ですよね?

コントロールしなくてはですね。

 

 

ということで、今回はコラーゲンってどういう風に大切なの?

ということを、大きく3つ出しました。

 

また、新たな知見があれば、編集しますね!

そして、多くの語弊が出やすい表現を失礼しました。

これはだまってられない!ということがありましたら、ご連絡ください。

 

タイトル

かるヨガ、江口にだまってられない!

eguchishun02@gmail.com

 

次回は

『コラーゲンを健康体操やリハビリに落とし込むために知らなければならないこと』

 をお伝えします。

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

コラーゲンと筋肉

こんにちは。
かるヨガ、江口です。
 
前回はコラーゲンというのは、ぷるぷる~ではなく、かっちかち。でも3重らせん構造で、
お水をたっぷり含めるんですよ。ということを話しました。
 
では、今回は実際に筋肉においてコラーゲン線維はどこにあるのか?
をお伝えします。
 
みなさん、筋肉にどんなイメージをもたれていますか?
スーパーに売っている鶏肉(モモが分かり安ですよ。)を
よーく、みると一本一本の線がありませんか?
そうなんです。筋肉はすじの集まりなんです。
 
 
 
 
そのすじ一つ一つがばらばらになったら嫌ですよね?
だから、ラップに包むように、一本一本が膜につつまれています。
 
それがいわゆる、筋膜です!
もっと言うならば、その一本一本は一番内側の筋内膜というもので、
ある程度の本数が束になったものを包むのが筋周膜で、
束が集まって筋肉の形になったものを包むのが筋外膜といいます。
 
最近は、首都大学東京の竹井先生のご活躍もあって、筋膜リリースなど
筋膜がちまたでも広まってきました。
 
その筋膜こそがコラーゲン線維です。
(ざっくり言うと・・・ですが)
 
私が研究として鶏もも肉を買って、すじなどをみた動画をアップしておきますね。
きっとイメージがつきやすくなると思います。
 
 
 
私はこの鶏もも肉を買って、筋膜をみたかったのですが・・・
よくよく考えるとあやしくて危ないやつですね・・・。
でも、理学療法士の方々なら気持ちが少しは分かってくれると思います。
 
学生時代は献体をお借りして、解剖学実習を行えましたが、
臨床にでると研究者以外は再度みる機会なんて得られないですよね?
 
高額な研修費を払うか、かなり強力なパイプがない限り・・・。
私はそれでもみたくてみたくて仕方がなくて。
 
それなら身近でやれることをやってみよう!ということで。
子供たちを寝かせた後に夜な夜な買ってあった鶏もも肉を冷蔵庫から取り出し
まな板の上で、あっちでもないこっちでもない、引っ張ったり押したり
して、コラーゲン線維の硬さとほぐれる方向を手で実感しました。
 
すごく勉強になったと個人的に思っています。
その鶏もも肉さんは、ちゃんと最後に唐揚げ風に焼いておいしくいただきました(^^♪
 
話がそれてしまいましたが、
今回は筋肉のどこがコラーゲン線維かをお伝えしました。
次回はそのコラーゲン線維=筋膜がなんで大切かをお伝えします。
筋肉は確かに伸び縮みしますけど、そもそもその包まれる膜同士がくっついていたら?
 
なーんて考えると、察しの良い方は大切さがイメージできるかもしれませんね。
また次回にお伝えします。
 
最後までお読みいただきありがとうございました。
 

コラーゲンとリハビリ

こんにちは。
かるヨガ、江口です。
 
前回は身体の柔らかさとコラーゲンが関わっているさわりをお伝えしました。
㈱ニッピ バイオマトリックス研究所 所長の服部先生には本当に感謝しております。
 
服部先生のお話がなかったら、私の今のリハビリは行えておりません。
 
コラーゲン
 
そもそも、コラーゲン=ぷるぷる~ みたいなイメージがないですか?
 
私はありました。
でも、コラーゲン線維自体はぷるぷる~ではないんですよ。
線維自体はめちゃくちゃ強靭で、簡単には溶けません。
 
めちゃくちゃ強いので、むしろ煮て皮を作るのに利用されていました。
 
人間の身体でいうと、アキレス腱はほぼコラーゲン線維で成されています。
めちゃくちゃ強いです。
 
体重が何十キログラムあって、それを片脚ジャンプなんていったら、
ある論文では800kg以上の負荷がかかっていると。
 
そんなコラーゲン線維から、ぷるぷる~となぜ話がいくのでしょうか?
 
実は、コラーゲン線維は3本らせん構造で、その構造なら水分を多く保有
できるのです!
 
だから、コラーゲン線維が伸びる~とかでなく、その周りにある水分量で
ぷるぷる~
となったり、するんですね。
(ちょっと話が端折りすぎかもですが、難しい話は置いておいて・・・)
 
では、人体においてのぷるぷる~は置いておいて、のびのび~には
どのように関係してくるのでしょうか?
 
加齢変性からくるコラーゲン線維の状態をみると分かりやすいです。
服部先生よりプレゼントしていただいた参考図書よりの引用です。
画像に貼り付けます。
 
 
 
 
画像の詳細を追加するには、設定アイコンをクリックして下さい。
 
 
 
 
 
画像の詳細を追加するには、設定アイコンをクリックして下さい。
 
 
 
図の通り、コラーゲン線維が強くなるために、成長(大人になる)にあたり、
架橋といって、線維同士を強く結びつけます。
 
細胞代謝を繰り返し老化してくると、架橋が増え、強くなるを超えて
柔軟性に乏しくなってくるのです。
 
進化と退化は表裏一体なのですね・・・。(はかなさを感じます。)
 
ということで、このコラーゲン線維の架橋(つながり)と
コラーゲン線維の3本らせん構造が多く水分を含めるということが
身体の柔軟性に大切なんです。
 
だいぶ、言葉の使い方が乱暴だったり、意味合いが多少なりと違っている
場合はお教えください。
 
では、次のブログではコラーゲン線維が筋肉の柔らかさにどう関係しているのか、
もう少し詳しくお話していきたいと思います。
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

柔らかさへの必須知識”コラーゲン”

こんにちは。
かるヨガ、江口です。
 
今回は開脚、身体が柔らかくなる為に必要な『コラーゲン』の話です。
 
というより、何度も言いますが、ヨガは身体を柔らかくするためのものじゃないですからね!
 
だけど、求めたくなる柔らかさのためにという所で。。。
 
身体が柔らかい=関節の動く範囲が広い
関節にはさまざまな要素があります。
 
○ 骨の形状もあれば~
○ 筋肉もあれば~
○ 靭帯もあって~
○ 皮膚もあって~
○ 筋膜もあって~
○ 筋肉を滑らす脂肪もあって、
○ 関節を包むふくろもあって~
 
いっぱいありすぎてわかんないです・・・でも。
実は!!
この中で、共通しているのはコラーゲンの存在なのです。
 
コラーゲンと関節の動き・・・つまり、身体の柔らかさにはきってもきれない縁があるのです!
 
では、コラーゲンってなに?
 
私は身体の専門家なのに、答えられない自分がいました・・・情けない。
 
そこで!
私はコラーゲンの正体が知りたくて、
「分からなければ、もう既に分かっている専門家に聞いた方が早い!!」
と、あるところへ勉強させていただきました!
 
そこは、なんと職場のすぐ近くにありました、オー!奇跡!
このめぐり合わせかのような縁に、運命を感じざるをえませんでした。
 
そこは・・・
株式会社 ニッピ様!
しかも、研究所が取手にあります。
早速問い合わせ。
急で、どこのどいつかも知らない若造がいきなりメールをするという
不躾なお願いにも、所長様自ら対応していただくという
なんという幸運!!
まさに、神様のような対応、神対応を頂きました!
 
その結果とは・・・。
次のブログに回します・・・。
 
 
 
 
画像の詳細を追加するには、設定アイコンをクリックして下さい。